中土佐町と梼原町研修

(池田中土佐町長の説明を受ける)

(防災タワーの高さは3階で14m基礎は地下16mと強固!)

(中土佐町の久礼地区と遠くに防災タワー)

(太平洋が広がる)

(中土佐中学校アリーナ)

(鰹のたたき体験)

(吉田梼原町町長の説明受ける)

(役場庁舎前で)

(隈研吾氏の設計の梼原町役場)

(隈研吾氏設計の図書館)

(隈研吾氏の雲の上アートギャラリー)

中土佐町では、防災センターと公共施設整備計画、「行き止まりのみちの駅」、カツオによるまちおこし、等を池田町長(高知県町村会長)から、熱のこもった説明文案内を頂いた。ご本人が車を運転しての案内に恐縮しました。特に津波は人口集中地区のほとんどが浸水地区になることから、公共施設の整備計画が約80億円で2年後には完成予定で防災タワーは強固そのもので、地下に34mも16本特殊鋼管が打ち込まれ、常時解放されている他、装備品も大変参考になった。公共施設は特産の桧をふんだんに活用した施設であつた。

梼原町では当選二期目の吉田町長の丁寧な説明で「地域資源を活かしたまちづくり」と地域包括ケアシステムの取り組み、社会福祉協議会のあり方などと地区活動の協力の重要性を詳しくお聞きしました。

更には、東京オリンピック主会場設計した、隈研吾氏の設計による各種の公共施設と役場、図書館、福祉施設など素晴らしい建設物をじっくりと見せてもらった。

決算特別委員会

(決算特別委員会の模様・写真は議会広報提供)

今日は終日議会の決算特別委員会が開かれ出席。

平成30年度の一般会計決算事業内容、成果を細かに、審査して頂いた。

毎年の事ながら職員も、管理職ばかりでなく職員も自分達が行った事業の内容を確認しながら来年度の計画策定に参考にするためにもとても大事なことであり出来るだけ出席し勉強してもらっており、緊張感のある決算特別委員会となったことと感じている。

台風の前兆?

(北東の空は何やら不気味!)

(子供たちは元気に練習!)

首都圏の交通機関に大きな乱れをもたらした台風15号はどうやら太平洋に抜けたようだが、夕方からは村に大雨の予報。

北東の空は何やら不気味な空模様。

予報は極めて限定的であるようだ。

そんな状況の中で子供達は元気に野球の練習をしていました。

今日は終日、蒸し暑く台風の影響なのでしょうか。

11日は議会の一般質問がありその準備をした。五名の議員から質問の通告があり丁寧に答弁をするように準備したい。

9月議会開会

(行政報告(議会広報提供)

村議会9月定例会議が開会された。日程は9月18日までの予定で今回は昨年度の村の決算審議する議会でもあり長いことになります。

今日は決算特別委員会の設置(委員長・佐々木悦男総務教育委員長)をし、開会してそれぞれの報告、議案の提案説明をして散会した。

決算の審査は二日間おこなわれる他に、予算委員会や、敬老会などもあり、日程的にはびっしりと言った感じの9月です。

6月定例会議終る

(鮮やかに咲いてます)

六月定例会議が終わりました。

提案した議案の全てが可決承認されて、計画した事業も本格的に進めることになります。

これからは色々なイベントも計画され積極的に参加されることを期待したい。

このところの天候は異常なくらい寒暖差が激しく今朝もストーブに火を入れた。

朝の散歩もままならないくらいの天気で、田んぼに影響がなければと心配でもあります。

それでも水をたっぷりと受けて花花は生き生きと鮮やかさを増しています。

改選後の初議会

(初議会開会)

(議長再選)(写真は議会広報提供)

改選後の初村議会が開催され議長には冨田義行氏、副議長に佐々木謙吉氏が再選されたほか各常任委員会などの人事構成を決定し散会した。

今後4年間村勢発展のためご提案、ご指導ををいただきながら活発な議論を展開しより良い判断を下してくださるようご期待申し上げたいと存じます。

荒れて来ました!

(激しく降りだしました!)

天気予報どおり雪のふりかたが激しくなってきました。

午前中は議会の予算特別委員会があり、特別会計予算を中心に慎重な審議が行われ無事今日の特別委員会は終了しました。

ほっとしているところです。

天気予報によれば今日から明日明後日にかけてかなりの荒天模様で、降雪も多い予想で、この時期雪はもう沢山ですよ!

岩手県の沿岸部では台風が発生する予報もあり、この時期に岩手県で台風発生とは聞いたこともない!最近の天気は全く異常です!やはり温暖化の影響でしょうか?

3月も中盤、高校入試の発表がまもなくあるようです。全員の合格を願っています!

秋田市のわが孫も合格したようだ!

予算特別委員会

(議会の予算特別委員会の模様・東成瀬村議会広報提供写真)

村議会予算特別委員会(委員長・佐々木謙吉)が二日間の日程で開催され、一日目の今日は30年度補正予算を審議し、引き続き31年度予算案の審議を行った。

一般会計予算は総額32億9千万円で30年度よりも7千万円ほど多い予算となった。

昨年度は村長選挙もあり政策経費を補正予算に回したためでほぼ平年度予算となった。

しかし、国の予算は税収の伸びもありこれまでの最大の予算となったにもかかわらず、地方の財政状況は依然として厳しく今後もわが村にとっては厳しい財政運営が求められることが必至である。

泣き言を言ってもどうにもなりません。

ここは一番、しっかりと財政運営の基本である「入りを計り出を制する」姿勢でしっかりと取り組んで行かなければならない覚悟を持たなければなりません。委員会で沢山の質問をいただき真摯に対応しつつ、少ない財源のなかでより良い村政運営に頑張らなければなりません。

議会一般質問とスキー大会開会式

(一般質問、議会広報提供)

(開会式と選手宣誓)

村議会の一般質問が二名の議員によっておこなわれました。

水道事業、農業振興、広報のあり方、イベント周知、行政放送のあり方などについての質問が中心で、丁寧にお答え申し上げたところでした。

午後からは打ち合わせのあと、第25回全日本スキー選手権大会と第3回ジュネス栗駒CUPスノーボード競技の開会式で挨拶をした。

先週に続き全日本スキー選手権大会の、スノーボードクロス種目の競技が男女56名の参加で海外からも、タイ国一名、中国13名がエントリーしています。

今回の大会には、平昌パラリンピックで金メダリスト、銅メダル獲得した成田緑夢選手、今年のwc4位の桃野慎也選手そして一昨年のこの大会で優勝した高原宣希選手と河合照美選手等全日本クラスの選手が参加しますので是非参観してください。

東成瀬スキークラブからも加藤大智選手(横手市)が出場します。

わが東成瀬村で全日本クラスのスキー競技会が開催されると言うことは滅多にありませんし、関係者の皆さんからは凄いことであると評価されております。

コースは第4リフトのコースですし、かなり激しいスノーボードのレースになるものと、思いますし見応えのあるレースになるものと思っています。

緊急の要望活動

(黒田前総務省自治財政局長、現消防庁長官に要望)

(御法川事務所で秘書に要望)

今年の冬の豪雪は、ここ10年で最も除雪経費がかかった。昨年も多かったのであるが、一月の除雪車の出動回数、出動時間は最大となってしまった。

この経費も約3割増以上の見込みであり、この後も農道除雪、除雪した雪の排雪、後片付け農業施設の除雪支援等もあり、新年度予算からの支出も見込まれることから、村議会議長と共に国会議員を中心に財政支援の要望活動を行った。明日は官邸、財務省、国土交通省、総務省に集中的に要望活動を行うことにしている。

既に、国会議員さんからは早速官庁に要望してくれたとの連絡があり、誠に素早い対応に感謝している。

この要望には秋田県東京事務所の課長、主幹も同行さてくれましたし、御法川事務所の政策秘書も同行もありありがとうございました。