盛岡から上京

北海道・東北ブロック町村会長会議を終えて明日からの全国町村会長会議と政務調査会の会議に出席のため上京した。

東北でも福島、宮城、岩手で台風19号の大きな被害があり欠席された会長さんもおられた。

台風の様相も変わって来ており、皆さん悩んでおられました。

被災された地域の方々にこころからお見舞い申し上げたい。

この度はわが村では被害がなかったものの いつこうした被害に遭遇するか分かりません。

対応にも多様性があることから臨機応変の対応が求められます。

台風19号列島上陸!

(真戸橋)

(成瀬川と合居川の合流地点)

(肴沢橋からの田子内堰堤)

台風19号は静岡に上陸し神奈川、東京、埼玉、栃木、千葉、山梨、長野と当初予報よりもずれながらも、強い勢力のまま北上、村では未明から警報発令、特別警戒レベル4にまでとなった。

朝方にはほぼ落ち着いた状況となった。

我が村の被害はほとんどなかったようだ 。

職員には昨夜からの警戒部での活動お疲れ様でした。

寒暖差が激しい

(台風の影響か怪しい空模様)

連休の二日目、秋田市の美術館にでかけた。

雨模様でもありながら曇りと雨の一日であった。

台風17号の影響で九州地方はかなり深刻なようす、それにもまして千葉県は風台風の被害対策がなかなか進まず、何かと対応の遅れなどが指摘もされておるようです。そこに、この雨では大変なことになるのではと、心配なことです。

風台風の恐ろしさと被害の異常さに改めて考えさせられると同時に事前の対応しかないように感じた。

今回の台風も秋田県はなんとか避けてもらえそうで、農家の作業も進んでくれることを願いたいものです。

それにしても、寒暖差が激しく体調には注意しなければなりません。

野菜の写真が欲しい!

(トマトスイーツ)

一昨日の夜、突然孫が野菜を使った料理の写真がほしいといいだした。

さて困ったなーと思っていたら家人が、ほらほらといって「トマトスイーツ」を出してくれてこれを息子が写真にしてくれた。

翌日、無事にその写真を大事にもち、学校に出掛けた。

孫の大好きなスイーツが野菜でよかった。

突然こんなことが時々ある。

家族が多いといろんな事があるものです。

ところで、台風の余波は大きく千葉県では今なお40万世帯越える停電が発生して、熱中症で失くなられる方々がおるなどきき厳しい状況が続いておるようです。

お見舞い申し上げたいとぞんじます。

県消防ポンプ操法大会

(第三分団第三部大健闘!)

(凄い迫力!)

全県消防ポンプ操法大会が開かれて、湯沢雄勝の代表で村の第三分団第三部(大柳)が全県大会に三年連続で出場。

結果は結果として、来年も必ず出場するんだと言った強い意気込みを感じて今までにない精神力のたくましさを強く感じた。

多いに期待したい!

終わって、バスケットボールのハピネッツチームの練習会場に出かけた。

観客も多く、関心の深さを改めて感じた。

練習は迫力が凄く、新たに前田HCのもと、新外国人、全日本候補選手等新たなチーム編成で、チームワークもよく新チームの新たなシーズンの活躍に期待したい!

今すぐ避難!

(大雨警報!河川氾濫の恐れ!)

(増水した成瀬川)

凄い雷鳴にこれは来るぞ!と思ったら案の定凄い雷鳴のあとに、物凄い雨が来た!

午前7時前から約一時間は朝なのに真っ暗になった。

テレビ、スマホに土砂災害情報やら、河川増水等が秋田県南地方、東成瀬にも発令された。小一時間で落ち着いたので被害がないか村の中を車で走ってみたが、成瀬川本流と合居川の合流地点は、今年の夏の雨の少なさに乾ききっていたためか、茶色の川の水で濁りきっていました。

幸い、被害もなく安心しました。

農作物には恵みの雨でもありました。

郡市消防大会で頑張る

湯沢市雄勝郡消防大会が湯沢市で開催された。

村からは規律訓練礼式第一分団(田子内地区)が参加、第3位と健闘した。

ポンプ操法には第3分団第三部(大柳)が参加し、指揮者高橋峰し、第一操作員鈴木隼人、第三操作員鈴木健二が個人表彰を受けて、堂々の優勝で二連覇した。

9月の全県大会出場権を獲得した。

それぞれご家族のご協力ご理解をいただき厳しい練習が結果として結実したわけで誠におめでとうございました。

全県大会に向けて更に頑張って欲しいと思います。

おめでとうございました!

酷暑の活動

(自民党本部の日の丸がはためいています)

東京は暑い!

輻射熱が凄く気のせいか歩いている人も少ない感じがします。

今日は参議院選挙のあとの国会の開会で、議員会館もモーニング姿などの正装した国会議員が次々と会館に帰って来ておりました。

先日の町村会の要望活動にご指導頂いたお礼と秋には再び要請活動を行うためのご協力をいただきたくあ願いとお礼のあいさつをさせていただきました。

令和に入っての初めての新天皇陛下のお言葉であったようです。

次の国会では、棚田法案、人口急減対策としての事業協同組合事業、ジビエ事業、次期過疎対策、地方制度調査会の方向性などたくさんの課題があり目を離せません。

昨日のリッチセミナーでの講演なども参考にしっかりと地方創生、村の振興対策などにも勉強していかなければならないものとあらためて強く感じているところです。

東北ダム事業総会と意見交換会

(総会での高橋横手市長)

(五道水管理・国土保全局長)

(本省水管理・国土保全局幹部)

東北直轄河川治水期成同盟会と東北ダム事業促進連絡協議会の総会と研修会が東京で開催された。研修会では着任したばかりの加邉東北整備局河川部長が講師として約40分にわたり、昨年の大雨災害の状況や今後の対策について具体的な講演をしてくれました。この後本省で河川局幹部との意見交換会に関係者が出席し活発な意見交換をした。

この会議と総会の司会進行は幹事長である私の役割で無事勤めることが出来た。

大変和やかな活発な意見交換会であった。

職員 不足が懸念されている意見や、河川環境整備の要望、予算の確保等の意見も多かった一方、本省側からは、国土強靭化計画の3ヶ年計画の後の対策が大事であること、それぞれの地域のダム事務所や機関の職員との連絡を密にし相談してほしいとの考え方が示された。

消防競技会

(ポンプ操法出場)

あまり暑くもなく絶好の機会に恵まれて東成瀬村消防団の今年の消防競技大会が開催された。

今年も約二か月近くも前から 練習に頑張ってきた成果を出しあった。

特に小型ポンプ操法は郡市内でも常に上位の成績であり、今年もまた郡市大会で優勝し全県大会を目指してほしい。

一位は第三分団第三部が昨年に引き続き優勝した。