移動町村会理事会

(理事会)

(成瀬ダム現場研修)

定期的に開催している県町村会の理事会(12町村長)を年一回もち回りで視察をかねて行っており、今年はわが村にきていただきました。

来年度の県に対する要望事項の審議を行い、簡易水道事業の整備要望、公立病院の整備、統合などに対する意見提出等を決定したあと、成瀬ダム現場を視察した。

その事業規模の大きさに、驚いておりました。

京都府町村会が来訪

(汐見京都府町村会長の挨拶)

(京都府町村会で視察研修)

昨日から京都府町村会(汐見会長)一行がわが村を、行政全般と特に教育には関心をお持ちのようで11名全員が参加しての訪問となりました。

汐見会長とは全国町村会の財政委員会で所属が同じであり、日本で最も美しい村連合加入団体の吉川伊根町長さんや堀和束町長とはかねてからおつきあいもありまた、村の議会でも訪問したこともあり、特にこの度訪問は嬉しかった。

教育には特に関心があるようで、学校等も訪問し、次には教育長さんがたの訪問を計画したいとのお話しもありました。

このほか、わが村の応援団員制度やデンバー市やサライダ市との交流などに関心があるようでした。

須川の紅葉見頃!

(紅葉見物)

(栗駒山荘前)

(栗駒山荘のベランダからの眺望ときのこ汁)

曇り空ではあったが穏やかな天気でたくさんのお客さんが須川温泉、高原に来てくれました。

中には、栗駒登山をしたかたがたもおるようでした。

栗駒山は現在入山禁止となってはいますが秋田県の秣岳コース、須川温泉、栗駒山荘からの産沼コースからも十分紅葉を楽しめますし、登山を楽しんでいただたけます。

病院の再編・統合

(大きかった反響)

長崎市での国保診療施設の地域医療学会で大きな話題となり、関係機関に意見提出が必要との確認をした学会の意向を、具体化することとした。

そんな学会を終え手順 を考えながら帰宅したら、魁新報で一面トップで報じられていた。

地域医療のあり方を地方はどれだけ真剣に考えているか、医療機関の統廃合は地方にとってはどれだけ必要不可欠な施策であことをしっかりと意見を述べていかなければなりません。

診療施設開設部会

(長崎市での59回学会)

(開設者サミット)

今年の全国国保地域医療学会が長崎市で開催された。この学会で、診療施設開設者協議会に出席し地域包括ケアシステムのあり方などを協議する、全体会議の事前打ち合わせに出席した。今回は、地域包括ケアシステムの他に、先頃厚生労働省から発表された「地域医療構想に関するワーキンググループ分析」に対する反発が大きく、改めてその根底にあるのが効率効果の側面から医療機関の統廃合の議論を進めて欲しいとの考え方ではあるものの、マスコミ報道が唐突になされたことの批判、さらにこの報道が地域に及ぼす影響が大きく、国等に対してしっかりと、自治体として意見を提出する必要性があり、既に市長会ではそうした対応を準備しているとのことであった。

これに先だって、自治体病院協議会の会長からの挨拶のなかで、直接病院の統廃合にはならないとの考え方がしめされた。

国診協サミット参加

(移動中の風景、この山は富士山?)

昨日高知から帰り、第59回全国国民健康保険地域医療学会が明日から長崎市で開催されることから今日はその移動日となりました。

昨日までの四国は大雨で、警報も発令されておるなかでタッチの差でした。

九州もぐずつき気味ですが、なんとか持って欲しいところです。

医療学会も全国の国民健康保険関係者が日頃の医療、看護、介護、医療技術などを医師、保健師、看護士などが、研究成果を発表、議論しあう全国レベルの高い学会です。

村からも小菅歯科医、佐々木保健師が参加して発表します。

水質日本一の仁淀川

(四国カルスト山地は霧!)

(水質日本一の仁淀川)

研修最終日は、高知龍馬空港への途中に水質日本一の仁淀川によった。

さすが仁淀ブルーと写真家から名づけられたほどの華麗なブルーで、流れも緩やかで川底がきれいに見え、小魚や鮎が泳いでいるのがはっきりと見えました。

川幅も190mと広く、川底や川岸 にはゴミらしきものが全く見られない素晴らしい景観、環境に驚きを感じました。

わが成瀬川もこんな環境にできないものだろうか?

粘り強い環境整備と意識の醸成にがんばらなければなりません。

中土佐町と梼原町研修

(池田中土佐町長の説明を受ける)

(防災タワーの高さは3階で14m基礎は地下16mと強固!)

(中土佐町の久礼地区と遠くに防災タワー)

(太平洋が広がる)

(中土佐中学校アリーナ)

(鰹のたたき体験)

(吉田梼原町町長の説明受ける)

(役場庁舎前で)

(隈研吾氏の設計の梼原町役場)

(隈研吾氏設計の図書館)

(隈研吾氏の雲の上アートギャラリー)

中土佐町では、防災センターと公共施設整備計画、「行き止まりのみちの駅」、カツオによるまちおこし、等を池田町長(高知県町村会長)から、熱のこもった説明文案内を頂いた。ご本人が車を運転しての案内に恐縮しました。特に津波は人口集中地区のほとんどが浸水地区になることから、公共施設の整備計画が約80億円で2年後には完成予定で防災タワーは強固そのもので、地下に34mも16本特殊鋼管が打ち込まれ、常時解放されている他、装備品も大変参考になった。公共施設は特産の桧をふんだんに活用した施設であつた。

梼原町では当選二期目の吉田町長の丁寧な説明で「地域資源を活かしたまちづくり」と地域包括ケアシステムの取り組み、社会福祉協議会のあり方などと地区活動の協力の重要性を詳しくお聞きしました。

更には、東京オリンピック主会場設計した、隈研吾氏の設計による各種の公共施設と役場、図書館、福祉施設など素晴らしい建設物をじっくりと見せてもらった。

高知県の逸材研修

(この造りは高知城だけ!)

高知県での研修は、高知県立博物館を訪れまずは人材研修から。

明治維新の坂本龍馬を始めとした土佐藩士のみならず、その逸材を輩出していることに枚挙に暇がないくらいであった。

そんな中で、今秋田魁新報に掲載されているジョン万次郎の中浜万次郎についても歴史上の人物として紹介されておることから毎日読んでいることもあり、親しみをもって改めて関心をもって詳しく研修した。

吉田茂戦後日本の首相として大きな貢献をされた方も高知県出身であることを知りました。

その事を知らなかったことの恥ずかしさを含めて、あらためてこうした現地研修で知ることが出来て良かった。

変化の激しい秋の空

(雲のかかった山々も風情あり)

(チビッ子たちのバスケットかわいいです!)

朝の山並みは雲がかかりこれもまたきれいで風情があります。

日中は雨もあり稲刈り作業もひと休み。

かなり作業は進んでいます。

明日からの出張は連続しての5日間もあり準備で過ごした。

その間にも孫の送迎もあり、合間にはバスケットボールの練習試合ものぞいた。

可愛いものです。

がんばれー!